新しい形を創造するアートイベント企画・運営 コンプロジェクト(コンプロ)

お問い合わせ

    コンプロジェクト > アーティスト対談 ハカセが行くよ > オレパンダーさん (4)
ハカセが行くよ ヒラフジタカヤスとアートな人々の対談集

4.よく解らないんだけれど凄きゃいいんじゃないの?!

ハカセ:よくデザフェスとかアートイベントに出すじゃない?
      最近の若い人たちとか見てどう思う?
      良い?誰かの作品を見て感銘を受けたりする事ってある?

パンダ:んー、どうなんだろうね?ただのお祭りでやってんのか。
      例えばよく何人かでグループ展とかやったりとか…。
      アレがねーどうもイヤでね(笑)

ハカセ:まぁ解らない訳でもないけれども。      

パンダ:解らんでもないんだけどー、自分も人の事いえないんだけれども、
      やるならバーンと。やり方って言うか…。
      なんか今、デジタルな感じが多いのかな?
      良くわかんないんだけど、こうパワーが無い!
      うまく、小さくまとまっちゃってるって感じがするかな。

ハカセ:よく他のアーティストさんとも話をするけれども、
      最近は色んなイベントに行っても昔に比べると面白くないよね。
      って意見を聞くじゃない?
      本当にレベルが下がっているのか、それとも見ている側が
      飽きてきているのかどっちなんだろう?ってよく思うんだけれど、
      どうなんだろう?

パンダ:両方なんじゃない?ただ見てる方も言うほど立派なものでもない、
      かもしれないね。今やってる若い子たちって言うのはテクニックに、
      走っちゃってるかな。自分が会場を歩いている時に、“フッ!!”っと、
      こう振り返るような心のコトセンに触れる。

ハカセ:キンセンね(笑)      

パンダ:そう、琴線に触れるような『をぉぉぉ、すげぇぇ!!』っていう
      すげぇバカ!っていうかさ勢いって言うかさ、うまいんじゃなくて
      パワーというか…。上手くなくてもいいから“すごさ”があればいいな…。
      って。

ハカセ:そうだね。

パンダ:“若さって馬鹿さ”だけどそれだけのパワーとかあるべきじゃないの
      かな?それを何人かでわぁぁーっとお祭りにしちゃってるから、
      結局その中に個人も紛れちゃうじゃない。
      お祭りの中の一人になっちゃうから神輿がわかんない。
      皆で担いじゃって結局神輿がわかんなくなっちゃう。
      だから勢い、うまい下手じゃなくてすごい!って“すごさ”
      『うわー、これすげぇバカ!』ってのが欲しいね。

ハカセ:そういう点では、パンダはそういうのを狙っているのが
      ありありと解っていていいと思いますよ(笑)

パンダ:だってアートとかってよく解らないんだけれど、
      凄きゃいいんじゃないの?
      ある程度の。

ハカセ:単純明快なかんじ?

パンダ:そうそう。

ハカセ:コトセンにふれるヤツね!

パンダ:『なんか知らんけど凄いよね』『変だけど凄いよね』ってのが
      欲しいなって思うよ。
      やってて何も上手くはないんだけれど、自分自身も最近
      小さくまとまっちゃってるなって気がするけれどね。

前へ12345次へ