新しい形を創造するアートイベント企画・運営 コンプロジェクト(コンプロ)

お問い合わせ

    コンプロジェクト > アーティスト対談 ハカセが行くよ > オレパンダーさん (2)
ハカセが行くよ ヒラフジタカヤスとアートな人々の対談集

2.パンダをこんなに長くやるとは思わんかった

ハカセ:でも、パンダにしてみたら“イヌコン!”への出展は
      久しぶりにアートっぽいイベントに出したんじゃない?

パンダ:この一年位、GEISAI(注1)がなかったから…。
      といってもGEISAIでも何を出してたかって言うと
      何も出してないんだけどね。
      ※(注1)村上隆が主催していたアートイベント。
       去年の秋10回目でいったん終了した。

ハカセ:パンダはいつもマイペースだから。

パンダ:マイペースというかね、何をやっていいか判らないんだよね。
      っていうのはあるよ。自分が絵を描いてもしょうがないしね。
      しょうがない訳ではないんだけれど、上手く何かを表現するのが
      難しいな。って思う。

ハカセ:オレなんかはね、昔は個展(注2)もやっていたじゃない?
      あのウェアのほうで。あーゆうのはすごい良かったっていうか、
      展示からショーまでの流れがパンダっぽいな!っと。
      その当時はまだパンダじゃなかった事もあるけどね。
      ※(注2)02年南区のギャラリーで、オレパンダー(当時は別名)が
       オリジナルリメイクウェアをメインに行った。

パンダ:思い起こせばあれからパンダになった。
      もう5年と半年?くらい。こんな長くやるとは思わんかったけどね。

ハカセ:今はそういう方向じゃなくなってるんじゃない?
      グッズとして売っているものはアパレル系がメインなんだけど。(注3)
      ※(注3)現在は大須に店を構えて、オレパンダーグッズをメインに販売。
        週末の土日と祝日のみ営業中。

パンダ:今はオレパンダーグッズがメインだねぇ。
      んー、最初の取っ掛かりから違うというか、幹の方から
      一つの枝葉の方にいっちゃったようなもんだけれどね。
      何かをやるって言う事はやってみないとそこから何が起こるかってのも
      わからないしねぇ。
      例えばやってみて“個展”ってのは自分にとってメンドクサイし
      ヤダなってわかった訳なんだけど。

ハカセ:まぁ、お金にはならないよね。

パンダ:お金にはならないっちゃーならないけど、
      どこそこでやりますから来て下さい!っていうのもどうかな?っと。
      こっちから出向いてホイホイ適当にやってたほうが
      自分にはあってるかな?

ハカセ:パンダのやってきた事はほぼ100%知ってるけどさー、
      やっぱり大変だよね。

前へ12345次へ