新しい形を創造するアートイベント企画・運営 コンプロジェクト(コンプロ)

お問い合わせ

    コンプロジェクト > アーティスト対談 ハカセが行くよ > オレパンダーさん (1)
ハカセが行くよ ヒラフジタカヤスとアートな人々の対談集

オレパンダープロフィール   オレパンダーHP
名古屋で活躍中のアーティストでありローカルヒーロー。
各アートイベントに積極参戦する傍ら、
毎年3月に行われている「長野県下條村ローカルヒーローイベント」を
メインに各メディアなどでも活躍中!

1.なんだかんだいって付き合いも既に7年ですね

オレパンダー=以下パンダ ヒラフジタカヤス=以下ハカセ

ハカセ:今日は記念すべき第一回目なのでパンダさんと対談です。
     よろしくお願いします。

パンダ:よろしくお願いします。

ハカセ:今更はじめましてもなにもないんだけど、
      なんだかんだいって付き合いも既に7年ですね。

パンダ:あ、そうなの?

ハカセ:オレとパンダが出会った当時の
     知り合いと話をしていてもよく言われるだけれど、
     いつまで経ってもこの二人は変わらんよねって (笑)
     なんでだろうね?

パンダ:別にいいんじゃないの?(笑)
     ただ変わらない事が悪いことなのかいい事なのか解らないけれど、
     でも逆にそうやって言ってる人はどう変わってるんだろう?

ハカセ:まぁ、7年も経てばその時産まれた子供は小学校2年生なんですよ。
     早いって言うか時の流れは恐ろしいよね。

パンダ:桃栗3年柿8年だからねぇ。

ハカセ:ところで、今回「イヌコン!」に作品を出してもらったじゃないですか。
     あのイベントで新しい発見とかありました?

パンダ:いや、別に……。

ハカセ:相変わらず?!

パンダ:相変わらずって言ったら身も蓋もないけれども……。
     んー、別にない!あ、あったほうがいいの?(笑)

ハカセ:別になくてもいいんだけどね。(笑)
     ま、パンダだからきっとそう言うだろうと思ってたんだけれどね。
     結局、だから最初話したように
     きっといつまで経っても変わらないんだろうね。
     そこで何か思うんだったらきっと変わっている。(笑)

12345次へ