新しい形を創造するアートイベント企画・運営 コンプロジェクト(コンプロ)

お問い合わせ

    コンプロジェクト > アーティスト対談 ハカセが行くよ > Vol.3 栗木栗さん(5)
ハカセが行くよ ヒラフジタカヤスとアートな人々の対談集
5.栗木栗 そしてイヌマン!もよろしくネ!

ハカセ:せっかくなので、恒例の似顔絵をお互いに描きあいましょうか?(笑)

マロン:いいですね。じゃぁ(笑)
     …今日は帽子ないんですね?

ハカセ:いつも帽子かぶっているというわけではないんですが、
     イメージなんでしょうね。

ハカセ:あ!いつもお互い描いてるので、
     じゃぁ今日はメガネなしで行きましょうか?(笑)

マロン:はい。

ハカセ:この間に告知を。
     イヌコンで知り合った仲間と、噂によると企画展をやるとか?

マロン:3月に、イヌコンをやったガイコツカンパニさんで、
     イヌコン!で知り合った人達と一緒に
     学校をテーマにした展示会をやります。
     「聖☆マロン学園」という展示会なんですが。

ハカセ:学校をテーマにした?学校をテーマにというのは?

マロン:4人でやるんですが、それぞれ全体のテーマがあるんですけど
     個別に理科室だとか教科別的な感じで、分かれて
     それをまとめて学校という形。 

ハカセ:栗木先生と、生徒達っていう感じじゃないんだ?

マロン:DMの撮影は、学生っぽい格好をして集まるって話だったんです。
     で、学生服がなかったのでワイシャツにネクタイで行ったら、
     先生っぽいって事で絵的に先生と生徒になっていたんです。

ハカセ:そうか、だから先生役になったんだね。
     ま、あの中では一番年上だしね。そのイベントはどんな内容になるか、
     蓋を開けてのお楽しみになりそうですね。頑張ってください。
     あと、怪獣展もやるんですよね?

マロン:それもイヌコン!で出会った人とですね。
     クリマの時のイヌコン!ブースの出展者の中で、
     打ち上げの時にやたら盛り上がってて。

ハカセ:ところで、本業の漫画家の方はどんな感じなの?

マロン:来月(2月)出るコミックブンブンに読みきりが載って
     その後はまだはっきりとは。

ハカセ:どう?いい感触?

マロン:去年2回載って、今年は既に2回載っているので去年よりいいですね。
     逆に去年があまり良くなかったのかもしれないですけど。

ハカセ:いや、是非連載して欲しいよね。応援してますからね。

マロン:頑張ります。

ハカセ:そうね、連載と青年誌デビューね。それを期待してますからね。
     まぁ、エロも含めて(笑)

マロン:エロは大事ですね。(笑)

ハカセ:昔は絵を売ってたりしてたよね?

マロン:販売はするけど、全然売れない作家なんです(笑)

ハカセ:なかなか売れないよね。
     きっと日本にあまり原画を買うっていう習慣がないからかな?

マロン:イヌコン!には、これからも出せたらいいなって思います。

ハカセ:先生が売れてギャランティーが高くなっても出してね(笑)
     もしかするとボランティアで審査委員長とか
     出来るようになってくれるかもしれないし!

マロン:(笑)

ハカセ:何かメッセージありますか?

マロン:イヌマン!をよろしくお願いします。

ハカセ:それだけか!(笑)
     まぁ、作家さんってのはそんな寡黙な方が多いのかもしれないですね。

マロン:じゃぁ、今後もハカセをお願いします。

ハカセ:オレかい!

マロン:これからも、頑張って漫画を描いたり
     イヌコン!の出展作品を作ったりしたいですね。

ハカセ:イヌマンもよろしくね!

前へ12345

対談TOPへ戻る