新しい形を創造するアートイベント企画・運営 コンプロジェクト(コンプロ)

お問い合わせ

    コンプロジェクト > アーティスト対談 ハカセが行くよ > Vol.2 栗木栗さん(2)
ハカセが行くよ ヒラフジタカヤスとアートな人々の対談集

2.絵を描く事がコミュニケーション

ハカセ:さっき好きだから絵を描いてるって言ってたけど、
     栗木先生にとって絵を描くっていうことは
     自己表現のひとつなんですか?会話みたいなものなのかな?
     もし今から絵を描いちゃダメだよ!って言われたら?

マロン:どうしようっ(汗)て思っちゃいますね。
     でも、絵がダメなら、写真を撮るかもしれない。

ハカセ:あー、なんらかのビジュアル的なコミュニケーションを試みるんだね。

マロン:はい。

ハカセ:じゃあ、子供の頃は、漫画とかメチャメチャ読んだんじゃないですか?

マロン:漫画よりも、テレビアニメですね。

ハカセ:アニメ世代ですか?どんな作品が一番ヒットなんですか?

マロン:藤子F不二夫先生のアニメを見てました。

ハカセ:栗木先生の作品とか、やっぱり子供に受け入れられるような絵を
     描いているっていうのはその辺りが原点なんですか?

マロン:はい。

ハカセ:劇画っぽいものやましてや、ロボットアニメだとか
     北斗の拳みたいなのは描かないもんね。

マロン:はい。でも、ロボットは好きです(笑)

ハカセ:最近ガンダムにハマっているらしい。

マロン:ハカセのお陰で(笑)

ハカセ:イヌコンに出していただいたんですけど、どうでしたか?

マロン:色んな出会いがあって、マイミク(注3)の人がいっぱい増えました。
     (注3)マイミク …ミクシィというSNSの中で、友人登録するという意味

ハカセ:それはイヌコンの基本コンセプトに沿っていて嬉しいねぇ!
     やっぱり、人との繋がりがなんらか影響を与えていくっていうのが
     いいきっかけになってくれればと思っているのでね。

ハカセ:あの作品について見てくれた人の評価的なものはありました?

マロン:かわいいですね。とかが多かったですね。
     あの絵は、ガイコツカンパニさんのガイコツをモチーフに日本とかけて
     描きました。イヌコン!で久しぶりにキワマリ荘に行きました。

ハカセ:有馬さん(注4)の時は、よく行ってたの?
     (注4)有馬さん …キワマリ荘の創始者で現代美術作家。
      今は水戸で水戸のキワマリ荘を営業中

マロン:たまに行ってました。

ハカセ:でも、栗木先生は偉いよね。
     イベント期間中ちゃんと毎週来て、自分の漫画も持ってきて、
     来たお客さんにその都度見せてたじゃないですか!
     自分を売り込むことを怠らないよね?ギャラリー龍屋(注5)での
     イベント然り、必ず自分のネタをカバンに仕込んで持ってくる姿勢は
     素晴らしいね。自分も見習わなくちゃいけないよね。
     (注5)ギャラリー龍屋 …尾張旭市にあるギャラリー。
      3月リニューアルオープンに向けて改装中

マロン:自分自身があまり積極的でないので、作品に任せるっていうか…。

ハカセ:その気持ちは判るね。自分はどっちかというと作品よりも
     喋りが先に来るほうだから(笑)
     できれば作品とかあまり見て欲しくない方だから。
     栗木先生の見せてくれる作品自体が、劇絵的だったり
     小難しい描写をしたようなマンガではなくて、
     ポップでキャッチーな作品だからとっつきやすい。

マロン:そういえば、イヌコン!がくりきまろんの作家名デビューでした。

ハカセ:そう、そうなんだよね。
     イヌコン!会期中、カフェでお客さんや作家さんと色々喋っていて、
     サインを考えようって所から、栗木だからどこかに栗入れようとか、
     それじゃせっかくだからペンネームもつけちゃおうか!って
     ノリでしたね(笑)だからこれで栗木先生がどどーんと売れてくれたら、
     全ての事象はイヌコン!から始まった!みたいな(笑)
     カッコいいね!(笑)次回も参加してくださいね!

マロン:はい!頑張ります。

前へ12345次へ